過去の恋愛

初めてのプロポーズ

 

 

年下の彼は転勤族。

転勤する彼とはいづれ離れてしまうだろう…漠然とそんなことを思いながら付き合っていました

わたしの中では、つぎに彼が転勤する時に結婚したいな、と思っていました

第一次、結婚したいブームのときです

 

 

ある春、やはり彼には辞令が出ました

沢山話し合いましたが、いったんは今のままでということでお付き合いは続行

初めての遠距離恋愛に不安もありましたが、数ヶ月間は彼が一生懸命会いに来てくれたので続いていました

 

 

本音は、別れたかった

結婚がしたかったから。でも彼のことは好きでした

毎日毎日「別れる、別れない」が頭をグルグル

 

 

わたしも1、2度飛行機で彼に会いに行きました

 

 

会いたい…

 

 

何ですぐに会える距離じゃないんだろう。

好きだけど会えないのが辛くなってきました

わたしは結婚するか別れるか、もう2つに1つしか考えられなくなっていました

 

 

数ヶ月間話し合いました

話合いは平行線、若い彼には酷なことをしたなあとこれ書きながら反省

 

 

1年半くらい付き合って別れる決断をします

最後は、彼が会いにくるというので会って別れました

 

 

別れてから1年後

 

 

彼が…彼がわたしの家を訪ねて来ました…心臓飛び出ました

この時ほど、度肝を抜かれたことはありません。。。

 

 

外で話そう、ということで外出の準備をしました

 

 

時間は夕方

レストランに入ると、彼は急に訪ねて来た理由を話し始めました

 

 

別れても思い出してばかりで辛かったと・・・

友達にも、そんなに会いたいなら会いに行け、と言われたらしく思い切って会いに来たそう

 

 

実はわたし、彼のことはふっきったつもりで新しい彼と付き合い始めたばかりでした

付き合って1ヶ月くらい、そんな時期に大好きだった元彼が現れました

 

 

そして元彼はわたしに「結婚して」って言いました

店員さんに聞こえるし、恥ずかしかったです、目線がイタイ

 

 

これが付き合っている時だったら、目をハートにして「うん」って言ってたと思うけど…

その時のわたしは素直に「うん」とは言えず、「えっ・・・」ビックリして声にならなかったです

 

 

気持ちは嬉しかったけど、冷静になっていたわたしは、

彼と結婚したら転勤族の妻になるんだ、今さら嫌だななんて思っていました

 

 

わたしははっきりと返事が出来ませんでした

 

 

わたしたちは彼が泊まるホテルの前でわかれ、次の日、彼は飛行機で帰って行きました

 

 

元彼が帰った後も話し合いを続けましたが、結局結婚を決断出来ずお断りしました

 

 

もう少し早く言ってくれたら…タイミングって大事だなって痛感したできごとでした

今となってはいい思い出です

 

 

 

-過去の恋愛
-, , , , , , ,

Copyright© 婚活戦士アラフォーHikikoの奮闘ブログ , 2021 All Rights Reserved.